« 意味も無くキモノ。 | トップページ | ふー。。 »

2010年10月24日 (日)

もう間近かも…。

(注意)
暗~い話です。。
スルーしてくださって構いません。


***


長崎編をアップし終えて一段落…と思ったら
昨日の早朝(正確には一昨日の夜からですが…)から
こじちゃんの具合が急に悪くなりました。

癲癇の発作がひっきり無しで、しかも結構激しい…。。

夜中に救急病院に連れて行って点滴してもらって
少し落ち着きましたが、
昨日はずっとかかりつけの動物病院で様子をみてました。

でも相変わらずぐったりして、発作の度にキャンキャン言って
とても苦しそうでした。




安楽死を考えました…。。




でも、できるだけ頑張ることにしました。


「苦しそうだから楽してあげよう」なんて
人間のエゴだと思ってしまって…。

結局、苦しんでいる家族を見る自分がかわいそうだから、
安楽死を選ぼうとしているのではないか?
そう思えて仕方ないのです。


だって「死」について考えたり、時には自らそれを選ぶのは
人間だけじゃないですか。

苦しげに鳴いてるのだって
「もう楽にして」って言ってるんじゃなくて
必死に生きようとしているのかもしれない。

それを人間の勝手な思い込みで終わらせるのは
やっぱり自然の摂理に反していると思うんです。

だから、
こじろうには最期まで命の火を燃やし尽くしてもらおう。
そう思います。



今は家に連れて帰り、家族で交代しながら看病しています。


お医者様からは水分やカロリー摂取の点滴をつけてもらい、
発作が起こった時のために
普通の鎮静剤と坐薬と……劇薬を処方してもらいました。
注射の方法を教えてもらい、すでに数回注射しました。


坐薬も投与したので今は眠っています。

体温が低下するので毛布をかけたり
点滴の調節をしたりで大変ですが、
最期まで責任をもってやり遂げたいと思います。


|

« 意味も無くキモノ。 | トップページ | ふー。。 »

こじろう」カテゴリの記事

コメント

ずっとそばで一緒に生きてきたさくらさんの決断なのだから
誰も責めたり出来ないと思います。
一番、こじちゃんを思ってる人の思いですから・・・
たしかに、安楽死については
これからも永遠に議論されていくことかもしれないですね。
私自身は、自分にもし何かあったら
安楽死を望むかもしれないのですが
もし、まわりの家族がそれを望まないのなら
家族の思いの方を優先したいです。

投稿: いずみ | 2010年10月25日 (月) 14時56分

いずみさん

土曜日が発作がひどかったんですが
昨日、今日は発作も起こらず落ち着いています。
立つ余力も無かったんですが
自分で立とうとしますし、お水も飲むので
今のところ大丈夫です。

ご心配ありがとうございます^^

このまま少しは回復してほしい所ですがどうでしょう?

安楽死に関してはお医者さまも「今のところ考える必要はない」とおっしゃっていました。

確かに自分自身に何かあったら、私も安楽死を望むと思います。
でもこじろうは懸命に生きようとして
もち直したんですから、人間の方がめげちゃダメですよね。
精一杯、お世話しようと思います^^

投稿: さくら | 2010年10月25日 (月) 15時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう間近かも…。:

« 意味も無くキモノ。 | トップページ | ふー。。 »