« 春の特別公開 in 京都♪その5 | トップページ | 春の特別公開 in 京都♪その7 »

2010年3月14日 (日)

春の特別公開 in 京都♪その6

今日は東寺(教王護国寺)編をアップします^^


***


2日目のスタートは言わずと知れた京都のシンボル的存在
東寺(教王護国寺)です!*


今回は通常非公開の五重塔内部と
小子房(しょうしぼう)を拝観させていただきます^^

Photo_8


もちろん写真はNGだったので外から^^;

寒桜(?)がキレイに咲いていました。
底冷えがすごかったけど少しずつ春が近づいてきています*

―で、五重塔内部は極彩色で壁の端には
空海といった密教の偉いお坊さんの絵が描かれています。
塔の中心を貫いている心柱(しんばしら)を大日如来と見立て
如来や菩薩がそのまわりに鎮座しています。

心柱の根元を見れたし学生ボランティアさんの説明も
とてもわかりやすくて良かったです。


Photo_9


小子房を入ったところにある玄関です。
緋毛氈が………ステキ………!!

小子房は天皇をお迎えする特別な建物で
後宇多法皇が修業された場所です。


Photo_10


梅がキレイに咲いていて風情がありますね*

上の写真にちょっと写ってる白い建物が国宝・蓮華門です。
空海がこの門から高野山へ旅立った時に
不動明王が現れ空海を見送ったという伝説があります。
その不動明王の足元、歩いた後ろに蓮華が咲き乱れたことから
「蓮華門」と呼ばれるようになったそうですよ^^



小子房、襖絵がとっっっても素敵でした!
全部で6部屋ありそれぞれ
「牡丹の間」「瓜の間」「枇杷の間」「鷹の間」「雛鶏の間」には
それぞれ名の由来となる水墨画が、
「勅使の間」には鮮やかな色で渓流に鶴などの絵が描かれています。

個人的には「瓜の間」と「雛鶏の間」が好き…。。
「瓜の間」にはキュウリとかだけでなく、なんとスイカが!
「雛鶏の間」はヒヨコちゃんと親鶏がほのぼのしてかわいいんです!

拝観する方はじっくり見てください(笑)


***


次回は東福寺の塔頭、即宗院と退耕庵編をアップします。

東福寺には重要文化財のおトイレがあっておもしろいので
写真撮ってきました(笑)

そちらもお楽しみに~*

|

« 春の特別公開 in 京都♪その5 | トップページ | 春の特別公開 in 京都♪その7 »

」カテゴリの記事

コメント

「瓜の間」!?かわいい~!
日本人のちょっとした遊び心ですかね~
私もいつか自分で家をデザイン出来るような日がくるなら・・・
そんな遊び心をしのばせたいなあ

投稿: いずみ | 2010年3月15日 (月) 12時08分

>いずみさん

「瓜の間」にはスイカをかじるイタチなどが
描かれているんですよ^^
あ、あと追いかけっこしてるのもいたなぁ*

他にも「牡丹の間」には蜂やカマキリ・蟻などの昆虫、
「枇杷の間」にはたしかツバメ(スズメだったけ…)が
描かれてるんです*

本当に当時の絵師さんの遊び心満載ですよね^^

今、縁側片づけ中なので
私もこんな遊び心を………と密かな野望(?)を
抱いてます^^


投稿: さくら | 2010年3月15日 (月) 12時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の特別公開 in 京都♪その6:

« 春の特別公開 in 京都♪その5 | トップページ | 春の特別公開 in 京都♪その7 »