« 春の特別公開 in 京都♪その6 | トップページ | 春の特別公開 in 京都♪その8 »

2010年3月15日 (月)

春の特別公開 in 京都♪その7

なんかすごく長いな…。。 京都編;;
今回も含めてあと2回で終わる予定なので
飽きずにご覧ください…;;


…ってことで、今日は東福寺の塔頭のひとつ退耕庵
即宗院編です^^



***


東寺の次は退耕庵即宗院に行きました。
どちらも臨済宗大本山東福寺の塔頭のひとつです。


まずは退耕庵へ……


Photo_2


残念ながら建物内部だけでなくお庭も写真不可でした;
なので、門の前にある石碑だけ。。


退耕庵は小野小町 ゆかりのお寺として有名です^^
門を入って右側に小野小町作といわれる
玉章(たまずさ)地蔵尊が安置されています。
このお地蔵さん、高さが3mほどあるとても大きなものです!
なんでも、小町に宛てた恋文が詰まっているのだとか。
こちらのお堂の前には「小野小町百歳井」と
呼ばれる井戸があります。
この井戸の水面に映しだされた容貌の衰えを見て
世の儚さを見たのでしょうか。

これに関連して、
小野小町が自らが百歳になったときを想像して作った
「小町百歳の像」もありました。
小さい像なんですがとてもリアルでした……。。


お庭には霧島ツツジの巨木が苔が一面に生えたお庭に
鎮座しております。
5月ごろはとてもキレイでしょうね^^

また、本堂内にある茶室・作夢軒では秀吉の死後、
石田三成や宇喜多秀家、恵瓊(えけい)らが家康討伐の謀議を
度々行ったのだそうです。
この茶室には有事の際に隠れる「忍び天井」や
護衛の武士が控える小部屋もあります。

ちなみに恵瓊(えけい)とは退耕庵の偉いお坊さんです。
上記したように三成率いる西軍に加担したため
関ヶ原の戦い後、三成らとともに斬首されました。



Photo_3


退耕庵を後にしてお次は即宗院へ…。

こちらは退耕庵と違い
幕末の歴史を感じることができるお寺です。
ことに西郷隆盛と
月照(安政の大獄で追われる身となった僧)と深い関係があります。


Photo


こじんまりしたお寺ですがあまり広いより好き^^

四季折々の木が植えられていて他の季節にも
訪れたくなります*
(残念ながら通常非公開なのですが…)


Photo_2


上の写真が西郷隆盛が建立した石碑へ通じる階段。
ちょうど写真の右側あたりに西郷隆盛と月照が
倒幕に向け密談したという茶室跡があります。

下の写真が階段を上った先にある石碑。
倒幕の際、命を落とした島津藩士542名の名が刻まれています。


こんな感じで即宗院は終了*

せっかく東福寺まで来たのでチラッと見て回りました!

Photo_3


言わずと知れた通天橋

上の写真が臥雲橋と呼ばれる橋から、
下が通天橋へ通じる回廊。

もちろん拝観料が別にかかるので行きませんでした…。。
(それに今の季節何もないしね;;)


Photo_4


そしてユニークなのが重要文化財のおトイレ
東司(とうす)!

現在みたいに仕切りは全くないです。。
全部筒抜け…;
広々してるけど…落ち着かなそう…。。

でも禅僧にとっておトイレも修行の一環だったそうです。
お作法もすごくいっぱいあるとか…。

例えば「私語禁止」とか「着衣を清浄に」とか…
あと「急かすの禁止」とかもありましたね^^;

説明書きありましたが多すぎて読むのに疲れた;;




***




やっと明日で京都編、終わりそうです……!
長くてすみません。。
でも1回じゃ大変なんで分割しました…。


最終回は泉涌寺編です!

|

« 春の特別公開 in 京都♪その6 | トップページ | 春の特別公開 in 京都♪その8 »

」カテゴリの記事

コメント

重要文化財のおトイレ・・・!!!
色々と決まりごとがあるのですね

投稿: いずみ | 2010年3月15日 (月) 12時10分

>いずみさん

ちょっとお下品ですけどおもしろいので
載せてみました(笑)
トイレつながりで申し訳ないのですが
金戒光明寺か実相院かにお公家さんが使ってた
おトイレもありました^^;

それにしてもおトイレくらい
ゆっくりさせてほしいですよね;


投稿: さくら | 2010年3月15日 (月) 12時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の特別公開 in 京都♪その7:

« 春の特別公開 in 京都♪その6 | トップページ | 春の特別公開 in 京都♪その8 »